示談交渉は難しい

交通事故と言えば、示談や慰謝料、治療費の請求など、何となくのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。示談交渉が難しいというのも、何かしらで聞いたことがある人もいるかもしれません。では、実際に示談交渉がなぜ難しいのかご存知でしょうか。

示談交渉では、被害者はケガの治療などに支払った金銭や、事故で受けた精神的なダメージを金額に表したものを示談金として請求します。しかし、加害者が契約している保険会社は、少しでも内容を軽くして、なるべく出費を少なく抑えようとします。両者の思いが正反対であるので、示談はスムーズに進むことは大変稀です。通常は、細かな金額のすり合わせで時間も手間もかかる作業になります。

難航すると思われがちですが、一方で交通事故の示談交渉の流れがスムーズな人もいます。そういった被害者の多くは、早めに弁護士に相談し、対処の仕方を仰いだり、加害者の契約している保険会社との交渉を代理で行ってもらったりなどしています。

弁護士は法律のプロなので、あらゆる角度から被害者を守るように働きかけてくれます。特に、過去に交通事故の案件を多く受け持ったことのある弁護士であれば、よりスムーズに交渉が進むことでしょう。交通事故被害の示談交渉等を相談することで、賠償金を増額することができる可能性もあります。被害者の精神衛生上のサポートだけでなく、実質的な利益を生み出してくれます。被害者になってしまった場合は、不利益なことがないよう、早めに弁護士に相談しましょう。