示談交渉開始はいつ?

示談交渉をいつスタートするかという決まりはなく、いつからスタートしても構いません。加害者の契約している保険会社は、手早く事故の処理を行いたい場合や、少しでも示談金を少ない額で収めたい場合に、早くから示談を切り出すことがあります。

しかし、交通事故でケガを負った場合などで、入通院が必要な場合は治療費もかさみ、また症状がどのように変化するかが分からないものです。そんな中で示談交渉をして示談金の金額を決定すると、被害者でありながら治療費を自分で負担しなければならないような事態になりかねません。示談交渉は、最低限、症状固定の診断が下されてから行うことをおすすめします。後遺障害等級の認定が下りる人はなおさらで、認定が下りて正式に決まってから交渉に応じるようにしましょう。

ただし、損害賠償請求権には期限が決められており、事故に遭った日から3年で決着を付ける必要があります。示談交渉をスムーズに進め、自分の不利益にならないようにするためには、弁護士に相談してみるという方法もあります。

一方で、被害者が亡くなってしまった交通死亡事故の場合には、損害額が比較的確定しやすいので、事故後すぐに示談交渉が行われる合もあります。一般的には、49日法要が済んでから交渉が始まることが多いでしょう。