やり直しができない

前述したように、示談は、加害者側の保険会社と金額の調整が合わなかったり、加害者側が長期に亘って示談交渉に応じなかったりなどで、思うように示談交渉が進まないケースがあります。損害賠償請求権の期限が迫っているからと、相手側の要求を飲んでしまうと、結果的に自分の生活に不利益な状態にもなりかねません。

個人で加害者側の保険会社とやり取りをしようと思っても、専門的な知識や専門用語を並べて言いくるめられるような事態になってしまうこともあります。保険会社はそういった交渉に慣れているので、滅多に交通事故被害者にならない個人が不利になることが容易に想像がつくのではないでしょうか。

示談は、一度成立してしまうとやり直しができません。示談交渉では、軽く言った言葉が誤解を生んでしまうこともあり、了承していないのに了承したと取られてしまうこともあります。示談交渉は、弁護士に相談して、代理で行ってもらうことが得策です。事故の過失割合が0のときは、報酬を得て代理で交渉できるのは、弁護士だけなので、そういった場合には特におすすめです。

最近では、相談料や着手金が無料という設定の弁護士も多く、報酬も成功報酬で後払いできる弁護士が増えています。弁護士の無料相談は、自治体でも相談会を行っている場合があります。チェックしておきましょう。