弁護士基準?

示談交渉が難しいと言われる所以は、賠償金の算出に3種類の基準があり、どの基準で算出するかによって、支払われる金額に大きな差があるという点です。

自賠責基準が一番金額が低く、次いで保険会社がよく使う任意基準、裁判所が使用する最も高額な弁護士基準の3種類です。

示談交渉では、加害者の保険会社が任意基準で算出してきたのに対し、それよりも高額になるように弁護士基準で算出したとします。それを単純に高額な方で請求を突き付けたところで、示談は成立しません。

示談をスムーズに行うには、その請求額が妥当な額であることの根拠を明らかにするのがポイントです。過去の判例に基づき、説得力のある数字を示す必要があるのです。そういったものは、経験から可能にさせられることが多く、交通事故を得意分野としている弁護士に相談すると、示談交渉は比較的スムーズに進みやすいものになるでしょう。

限られた時間の中でスムーズかつ、適正な賠償金を支払ってもらうには、弁護士に相談するのが有益です。弁護士が親身になってくれる姿に、精神的に助けられたという人も少なくありません。万が一、交通事故被害者になってしまったときに焦ってしまわないように、まずは、近くの交通事故に強い弁護士を探すことから始めてみましょう。